制御基板製作

with コメントはまだありません

アーケードコントローラーの開発記事第一弾です。

今回は制御基板を設計・製作しました。制御基板の主な役割は以下の通りです。

  • ボタン、レバーの入力制御
  • ファン、USBポートへ給電
  • ずらし押し機能、連射機能の実現

P_20151220_013602

P_20151220_013736

P_20151220_013803

 

基板にはトグルスイッチを接続しており、以下のように3段階の機能切り替えができます。

  • ファン(OFF・弱・強)
  • ボタン(通常・ずらし押し・連射)

 

また、ボタンアサインを容易にできるように端子台を装備しています。

端子台

 

 

その他機能など、アーケードコントローラーの詳細に関してはMotionGalleryのプロジェクトページをご覧ください。

今後も開発記事を掲載していきます。記事の更新はメクバルのTwitterアカウントでお知らせします。